2007年11月10日

私にとって理想の洋裁とは

 なんてえらそうなタイトル!!!


 でもこれは洋裁を始めた2000年ぐらいからずーーっと思ってたことなんです。


 私が理想としてたのは、スカート、パンツ、シャツ、ジャケット、それぞれお気に入りのパターンが1つあって(スカートぐらいは2〜3パターンあってもいいけど)、それを、ずーっと使いまわしていろいろ作っていけるのが理想の洋裁だったんです。


 そのため、最初は、「自分で縫える四季の服」という本を見ながら一つずつパターンをひいていこうとしたのですが…。あの本は、服のデザインがちょっとクラシックだったですね。とくにブラウス(シャツ)が自分の求めるものが全然どうしていいかわからず、挫折しました。


 その後、Mパターン研究所、アネージコットンなどの高級工業用パターンにも手を出しましたが、「お金を出したこと」と「その対価」(自分のほしいもの)との交換感覚が得られなくて、それもまた距離が遠くなりました。

 
 それから、2年間、パターン学校へ。
 この頃は自分としては長い冬眠から覚めたばかりの時期で、寺子屋式の学校で、パターンの基礎をみっちり学ぶ余裕もありました(今だったらとてもあんなことできません)


 パターン学校2年目のときに、イタリアのパターン・ブランド・marfyと衝撃的な出会いをします。当時は、上下半身、ここのパターンを補正しなくてもまったくぴったり、しかも、日本にはない大胆なデザインの虜になりました。
 私はそれまで既成パターンにそんなにお金を使っていませんでしたので、ここぞとばかり買いまくりました。

 
 パターン学校を卒業した今年、ローヴェジになった私は、marfyの小さいサイズでも、ボトムはかなりの修正を必要とするようになりました。(面白いのですが、ワンピースだとタイトスカートでも大丈夫なのです。marfyのタイトスカートって、ゆるみが2センチしか入ってない)


 また、不健康&老廃物過剰で着るものが長いこと着るものが限られていた時代を取り返すように、大胆な服に挑戦しまくっていた時代も、そろそろ卒業みたいです。


 今、marfyで気に入っているのは、おとなしいシャツ・パターン(長袖、袖なし各1)と、スカートの裏パターンを利用したこれまたおとなしいスカートパターン、(それ以外にフェミニンなスカート数種)、パンツ1本、ドレス用パターン3種、裏つきトップ1。
 もう少ししたら、ジャケットを一つ買おうと思っています(ユーロがもうちょっと下がってから…)。

 
 執着があるのでもうちょっと好きなパターンがあるのですが^^;(一つも捨ててはいません)、基本的にはこれで回していけるんじゃないかと思ってます。


 あまりたくさんの縫製仕様やテクニックを覚えるの、得意ではありません。いくつかのパターンを使って、それだけは、目をつぶっても勝手に手が動いて間違いなく縫えるようになりたい。その土台が、出来上がりました。

 たぶんこれは、3回目の大クリアリングの成果です。
posted by 石とも at 16:20| Comment(0) | ソーイング日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月09日

糸の整理と収納大クリアリング

 1ヶ月以上前の話になってしまうのですが、糸と道具を整理して、使いやすくしました。

 糸ケース
 糸を、以前は、下で「処分したもの」として紹介する引き出し式のワゴンに収納ケースに入れていたのですが、これだと、一段の引き出しにたくさんの糸が入らず、デッドスペースがたくさんできてしまっていました。
 それで、同じ無印良品でも、引き出しではなく上からふたがしまる箱に入れたら、なんと2つでおさまりました。
 そして…。今回思い切ってやったことは、レジロン糸を全部処分したことです。 つまり、上のお皿に入っている駒糸は全部処分してなくなったんです!
 ロサンゼルスで水着の修理をしてくれた水着屋のおじさんが全部スパン糸で縫っていたのを確認したので、糸もスパンだけにして、ニットを縫う場合は、ベルニナで1ミリの振り幅で縫うことにしました。

道具ワゴン
 この写真では3段ですが、道具ワゴンは1段買い足したら、道具類はここに収まりました。


sRIMG0099.JPG
 今回思い切ってやったことその2.壁にピンで留まる簡単な棚を打ちつけ、ロック糸(および、縫い糸も暫定的に)ここに収納しました。
 右側の天井つきのやつは、引っ越したときにつけたんですが、一つでは足りなくなってしまったので、今回、左側の天上のないのをもう一つつけました。
 天上のないほうが使いやすいのですが、埃が気になるのと、右側は、天井の上に、定規類を置いています(不安定ですが…)

 ちなみに、私は今駒糸をほとんど持っていません。工業用スパンは、以前オークションで60本ぐらいまとめて落札したんですけど、ソーイング仲間にたっぷり分けても、まだ安かったと思う。なるべくそれを使って、ない場合は大きいかせで買ってます。ロック糸も、キング90番を糸屋さんボビンで小分けサービスを頼んでいます。

処分したワゴン
 これはすべて洋裁道具が入っていたわけではないのですが…。あれこれ一気に片付けたら、なんとこれだけの引き出しがお役目ごめんとなりました。「あげますコミュ」で一気に引き取ってもらいました。
posted by 石とも at 19:53| Comment(0) | 道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月07日

シャツ&パジャマ&カットソー

worksに3点更新しました。

 一つ前のワンピースのときに、「これはとても気に入っているので、作っていて疲れも感じずさくさくできた」と書きましたが、それ以降も、迷いなく服が作れています。(精神的につきものが落ちたのと無関係ではないと思います)

 071007_1328~001.jpg

 これは、家庭着とパジャマの中間として作ったもの。高い台衿とカフスをはずした筒袖がかえってかっこいいです。

.

 このシャツを作って、「お〜なんだか元の場所に帰ってきたな〜」という気がしました。自分が一番好きな形のシャツ。これはまた何枚も布地を変えて作りたくなりそう。

071007_1351~001.jpg
 先週、あまりの寒さに思わず作ってしまったタートルネック。ぴったりしていて、インナーに使い良さそう。
posted by 石とも at 16:06| Comment(0) | Marfy作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月19日

marfy 9921 インドシルクつむぎドレス

dress1.jpgdress2.jpgdress3.jpg
 works更新しました。こちらからご覧ください。

 10年間も服を作っていますが、「完璧に気に入っている服」というのを作ったのは、実に1枚ぐらいしかありません。(どれでしょう?これです。ファイル見ると「これは私の服だ」って書いてありますね。でもその後あまりそう思ったことありませんでしたね…)

 その1枚目を作ったのは2001年の夏ですが、実に6年ぶりに、「完璧に気に入っている服」が出来上がりましたね。デザイン、パターン、テキスタイル、フィッティング、縫製、どれをとってもいうことなしです。


 服を作っていてよく失敗しちゃうんですが、これに関しては、縫製ミスもありませんでした。さくさくと進めることができました。
 …きっと、作っていて失敗しちゃうって、「これって、どこか違うなー」ってわかってるんですね。だから、集中力が落ちて失敗しちゃう。どこをどう直せば気に入るのか、いまだによくわかってないし。


 あまりどこに行くかが決まってないんだけど(笑)作っておけば、いつか着る日がくるさ。っていうか作れただけで満足。そう思うと、着る日も近づいてくるような…(今シーズンはもうちょっと無理だけど)

 9921の用尺なんですけど、タイトスカートなので、110幅でも1メートルそこそこでできます。
posted by 石とも at 08:01| Comment(0) | Marfy作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月18日

ラバー・シンブル

 これ、とっても使い勝手がよい!
070918_1330~001.jpg

 河口の新製品(? いつ出たのか?)ラバーシンブル、直訳して「ゴムの指ぬき」なんですけど、刺繍やまつり縫いのときに中指の先にはめてつかいます。
 中指の先にためるタイプの指貫は革、金属、ヨーロッパみやげの陶器まで持っているのですが、はめてしまうとどうも小回りが利かない、かといって、刺繍のように刺す回数多いと、中指の先が痛い・・・というのが解消。

 なぜハートマーク? だって、河口ですから!
 (ハートマークの拡大図はここ見てね)

 今、ネットで見たらどこも1割引の378円だなあ。私は東急ハンズで見つけたので、420円払ってしまった。。。ま、いいんだけどね。
posted by 石とも at 13:55| Comment(0) | 道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月07日

クレイジー・キャミソール

cami1.JPGcrazy.jpg

 久々のmarfy作品です。コットンのシャツはぎれをつぎはぎして、クレイジー・ジーンズならぬクレイジー・キャミソールを作りました。こちらからどうぞ。
 ちなみに、バスト部分までクレイジーにしたやつは、ボツになりました(バスト部分はダブル仕立て、裏返しにして付け直した)
 http://www.dress-94.com/isl/works/works.html

 
 「1日30分で何でもできる」って、流行ってますよね。このキャミは1日1時間ずつ7日ぐらいかけて作りました。ミシン完全出しっぱなしになったので、作業完全放置が可能なんですよね。


  このパターンは、裾とフリルに合印がついてなくて、正直「おいおい」という感じでした。バストもどう考えてもダブル仕立てが賢いと思うんだけど、指定がなかったし(似たようなデザインのパターンではついてる)、なんか、むら気だなあ、marfy。


 ところで、全然関係ないんですけど、ウェブで短編小説を発表しました。「餌付け」というタイトルです。木戸銭たったの315円。
 よかったら、チェックしてみてくださいね〜(下記リンクから立ち読みできます)
 
http://www.digbook.jp/product_info.php/products_id/8913
posted by 石とも at 04:41| Comment(0) | Marfy作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月04日

大道具たち

 先日のベルニナの紹介に続き、我が家の大道具たちを紹介。
 洋裁を初めて10年になります(びっくり!) その間、かなり道具が入れ替わりまして、こういう、ありがたくも最上質のラインナップになりました。


ジューキ工業用
 JUKI工業用直線ミシン、DDL-5570。1年ほど前に、オークションで落札。縫製工場の聖地? 岡山県倉敷市からやってきた。
 家に来たときあまり状態がよくなかったが、出張費こみ1万円で整備に来てもらったら、すごくよくなった。

ベルニナ&テーブル
 あらためて紹介。ベルニナ、アーティスタ、185.
 2005年の夏に購入。
 ジグザグとボタンホールしか使ってない自分には、どう考えてもオーバースペック? という気持ちが今でもある。でも、1年たつごとに「やっぱり買ってよかったな」という気持ちがまさってくる。「高かろう、良かろう」な買い物って、そういうものですね。
 ステッチがきれい。音が静か。


文化テーブル
 みんなの憧れ? 文化裁断テーブル。中古品のいただきもの。欲しいなあ、欲しいなあ、と思ってたら、突然来た(笑)ありがとう!
 最大180センチまで伸びるのがとても便利。
 あちこちダボがはずれてきているので、L字型金具で補強してあります。

ナオモトQing
 ベルニナ・テーブルがやってきて我が家の窓際族となった(笑)ナオモトQ-ing.。
 1年前、西麻布に引っ越してきたときに買った。
 でも、これの良さ、まだわかり始めたばかりなのです。というのも、業務用アイロンの使い方がわかってなくて、蒸気をいつも水滴にしてぼたぼた垂らしちゃってた…。この1年間、学校で使ってたアダム商会のポータブルのやつの方がいいなー、とか思ってました。
 この机配置にしたときに、買った店に電話して、やっと使い方を覚えた。そして、あーアイロン場所が確保されているのはいいなーと思い始めてます…。
 
 最近ミシンをよく動かしているけど、糸かけ、糸調子といったトラブルが全然ない。(ほんのちょっとまえまで良くあった)。使い手の精神状態と道具は本当に一致してますね。
 
posted by 石とも at 08:22| Comment(2) | 道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月02日

ベルニナ・テーブル

 ベルニナ専用テーブル(※)を買いました。
 忙しいときほど洋裁の大道具を買う傾向があります(自滅?)。そういうときほど、「出し入れ」が面倒くさくなって、こうなってしまうのですよ。結果的には「良かった」と思うことが多いんですけどね。
 
ベルニナ&テーブル そしてさっそく「あー買ってよかった」と思っています。ジグザグが使いたいときすぐ使えるというのは、家庭生活の中では本当に便利なのです。服作りのときはボタンホールも。
 ベルニナ君は、今は順調で、かなりスピードアップしても縫い目がきれい(最初はそうだったんだ…。やっぱり前の家の「湿気」と「さび」がいけなかったんだ…)。これ1台で直線いらない? とかまた考えてしまうぐらい。
 とりあえず、これはどこに引っ越すにしても(海外含む)持って行くと決断しているので、箱がとってあります。
 テーブルは、組み立て式ではなく、会議室のテーブルのように「ぺたっ」と平らになるので、かえって引越しのときに便利そうです。


ネル湿布
 最初にぱぱっと作ったもの。これ、「ひまし油パック」用のネルなんです。
 東京に帰ってきてから、ジョギング中に脚が痛くなってしまい、「骨膜炎」との診断。骨膜炎って、休んでるしか方法がなくて。エドガー・ケイシーのクシロ薬局に相談して、ひまし油パックをやっています。今日はホカロンも包帯で巻き込んでます。気持ちいいです。

 ところで、左後方に置いてるのはロックミシン。私、「カバーをかぶせる」という作業がとっても苦手なので、かわいい風呂敷をかぶせてみました。こっちのほうが全然ラク。
 それから、右後方に置いてるのは家宝(?)の霧吹きです。パターン学校に入学したときに買いました。

(※)このテーブルは、日本ではベルニナ・ジャパンが扱っていますが、もともとはアメリカのRobert's社というところのです。ミシンの高さが微調節できるので、どこ家庭用ミシンでも使えます。
 また、他の製品もとても使いやすそうです。とくに#99のカッティングテーブルが使いやすそう。鏡つきなんて、気が利いてる! 私が買った#299は代理店通して39000円だから、あちらで買ったらずいぶん安いんだろうなあ。

posted by 石とも at 10:13| Comment(2) | 道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月30日

アメリカ製パターン、まとめ

●私が語れるほど購入→作ったのは、McCall's, vogue,の2つなので、これに限っての感想です。
 アメリカ製のパターンは、それこそ星の数ほどあります。
 最近は、紙で売るより、CD-ROMのも人気のようです。


●総論=使える
 「パジャマ」とかになると、「こりゃちょっとなあ」みたいな荒っぽいのもあるのですが、
 外出に使えるスカートやワンピースのレベルでしたら、パターンメイキングはじゅうぶんにちゃんとしています。
 日本の「サンパターン」「simplicity日本版」も使ったことありますが、パターンの精度はずっと上といえるでしょう。
 まあ、値段も全然違いますが。日本の「サンパターン」とかは500~600円ですからね。アメリカ製は平均して14~15ドルが多いです。


●サイズ
 展開広い! 日本サイズで言えば、3号から21号までという幅広さ。
 身長も2展開。missといったら身長165センチ内外、petitといったら、157センチ内外です。
 水着などの場合には、各サイズにつきA~Dとカップが4カップ展開。
 私の感覚では、ゆとりが少し多めにできている気がします。あちらのヌードサイズの表示だと、10号が合致するのですが、最近はほぼ8号で作っています。


●好きでないところ
 パターンの中に、□とか△とかで糸印をしておく場所があるのですが、パターンの中にそれが何のしるしなのか書き込まれていなくて作ってみるまでわからないところ。
 縫い代片倒しでステッチ、などもパターンに書かれていません。
 つまり、縫製仕様書を読むまでわからないことが多すぎるのです。
 パターン見て裁断するときに、だいたい、「あれをこう縫って次はこう縫って」って段取りするじゃないですか。あれができないので、霧の中を歩いているような気持ち悪さがあります。
 それから、「端の始末」に関して、一切指示がありません。ロックかけるか、ジグザグか、袋縫いかは、縫う人次第。
 経験豊富な人なら、布によって変えるだろうから都合がいいかもしれませんが、洋裁初心者だと、布の端始末しない、なんてことも起こりそう…。


●トワル推奨
 これは私の好みですが、新しいパターン買ったら、もう絶対トワル組みます。たとえ100円の布でもいきなり本縫いすると後悔します。
 最低、仮縫いはしたいものです。
 今回アップしているオレンジのワンピースも、デフォルトどおりに作るとどうもキャバっぽい気がしまして、少し直しました。スカートのフレアを削り、丈をぎりぎりまで出し(あー布あまってたのに〜)、肩紐を詰めました。


●デザイン
 以前、あるパターン・ネットショップのパタンナーの方から、「日本のパターンは、外国からバカにされている」というご意見のメールをいただいたことがあるのですが、
 私は、日本のパターンって、レベルの平均水準としては世界一じゃないかと思うのです。
 パリのメゾンでも日本人パタンナーはたくさん活躍しているし。
 でも、アメリカの(ってことはほぼ西洋世界を網羅する)パターンの楽しさは、さまざまなデザインを大胆に形にしていくことだと思います。それゆえに、たくさんのデザイナーたちがたくさんのパターンを発表している。
 これがフラットパターンメイキングの醍醐味のように思うのです。
 日本は、一つのデザインを「1ミリですごく違う」みたいに、繊細さにこだわっていく感がある。

 

●伝統と誇り
 NYの布屋に行ったとき、布は自由に触って確かめることができるのに、パターンについては「手に触れるの禁止!」で、カタログを見てお店の人に注文し、店の人が引き出しの中からうやうやしく出してくれる、というシステムになっていました。
 どうやら、既成パターンは、ホームドレスメーカーだけでなく、プロにも愛用されているらしい。
 前にもちょっと書いたのですが、アメリカン・バレエ・シアターのオープニング・ガラに行ったとき、ロングドレスを着たミセス・ミリオネアたちのドレスが、マテリアルはシルクとかレースとかラグジュリアスだったんだけど、パターンは「あ、これ、vogueで見たことある」って感じだったんです。
こんな感じ
http://www.voguepatterns.com/item/V2774.htm
tab=evening_bridal_includes_designer&page=6
http://www.voguepatterns.com/item/V2745.htm?tab=evening_bridal_includes_designer&page=6
http://www.voguepatterns.com/item/V2931.htm?tab=evening_bridal_includes_designer&page=2

 それは、ハリウッド・セレブがアカデミーで着ているパリ・ミラノコレの洗練とはちょっと違うのですが、でも、「クラシックだからかっこいいのよ!」っていう誇りすら感じられて、すてきだなあと思ってしまいました。

写真は、オレンジワンピの修整前と修正後。
P8260003.JPGafter_front.jpg
posted by 石とも at 22:07| Comment(0) | パターンメイキング・補正 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月27日

麻のワンピースドレス2点

P8260003.JPGP8190009.JPG

ワンピース二つ更新しました。
詳細はこちらからどうぞ。
http://www.dress-94.com/isl/works/works.html

 とくに、オレンジのサンドレスのこと。

 先日、『ブラック・スネーク・モーン』という映画を見たんですが(いやー、すごいわ、『ハッスル・アンド・フロウ』のクレイグ・ブリュワー監督)、その中で、クリスチーナ・リッチが演じるセックス依存症の女を立ち直らせようと奮闘する
サミュエル・L・ジャクソンが、彼女の服を買いに行くシーンがあるんですね。

 そのとき、「女らしいのを、エレガントなのを」と店の人にいって、店の人から奨められたのがまさにこういう形。

 予告編を見てもらうとわかりますけど、彼女があばずれ女だったときは、デニムのホットパンツに、へその出るトレーナー(裾と袖をカットしたやつ)なんかを着ています。

 このサンドレスは、結構肌が出ていて、日本人から見るとこれでも十分に「セクスウィー」という感じがするのですが、西洋(アメリカ?)から見ると、この服は「健康的な、育ちのよいお嬢さん」という感じがするみたいです(ちなみに、南部のごく庶民的な地域の話です)

 でもこの形はたしかにオールマイティです。
 私はちょっとそこまで2マイルウェア、という感じで作ったのですが、家で着ていてもいいし、あまり頑張らないデートで着てもいいでしょう。
 もしもお家で奥さんがこういうのを着ていたら、Tシャツに綿パン、というのより、旦那さんはずっと喜ぶんじゃないかなあ。

 そういうわけで、地球も温暖化することですし(麻は本当に涼しい!)この形は、永遠の定番になりそうです。

 80歳になってこの形着てたら、ちょっとかわいいおばあさんじゃないかな、という感じがします。

 グリーンの方も、エイジレスで、気に入ってます。
posted by 石とも at 04:00| Comment(0) | その他作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。