2008年04月23日

自分の仕事vogue v2899ドレス

works 更新しました

HTML ファイルはこちら。
http://www.dress-94.com/isl/works/works.html

ニットドレス1ニットドレス2ニットドレス3

 最近、「自分の仕事」というのがすごいテーマになっています。どうしてそのことにひかれてしまっているのかわからないけど、目の前にやってきたその課題に向かって一生懸命に取り組むならば、それは「自分の仕事」であり、「世界に対する仕事」である。
 もしもそれが自分の仕事であるなら、一針一針進めるごとに、自分が生まれ変わり、世界が生まれ変わる。
 だから、何も心配しなくていいのです。

 このドレスは、作っていて、その思いをことさらに強くしたドレスでした。いったいこんなの、どこに着ていくんだ? ぜんぜん予定など見えないのに、「作らねば先に行けぬ」という気持ちがありました。
 そして、作ってみたら、本当に満足感が高い一品になりました。まあ、なんというか、着てみた自分の姿を見て、ほれぼれするわけです。
 最近作ったパーティ用のドレス、
http://www.dress-94.com/isl/works/neo37-50/neo39indiansilk.html
http://www.dress-94.com/isl/works/neo37-50/neo45blackdress.html

 これとかこれは、布地が立派過ぎて、どこかにお出かけしてもジュースこぼしたらいやだなあ、とか、汗じみついたらいやだなあ、とか思ってよほどじゃないと着る気になれないんですが、これなら意外とどこにでも着ていけます。材料費1000円って、やっぱりうれしいですよね。
 
posted by 石とも at 23:30| Comment(0) | その他作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月13日

タンキニ2

 タンキニ第2弾です。ただし今回はトップだけ。
 このパターンはボトムが3つ、トップもあるので、残った布をどう使ってどれを作ろうか考え中です。

HTMLはこちら。
http://www.dress-94.com/isl/works/works.html

ftankini6ftankini3



 このトップを作ることは長年の悲願だったのです。微妙なフィッティング(ゴムの長さが5ミリでだいぶ違う)しているので、着心地もとてもいいです。
 パターンではバスト部分に裏地がべったりくっついちゃうんですが、途中でカットしてパッドが入れられるようにしました。

 何にでも使えます。水着にもできるし、インナーとして着られるし、夏のトップにもなるし、走れるし、ヨガもできる。そして、、、、、く・る・し・く・な・い!
 
 なんでここまでブラトップにこだわるかというと、「きついブラ」「苦しいブラ」「肩がこるブラ」「よせてあげるブラ」、やっぱりおかしいと思うのです。
 昔から「苦しい、苦しい」と思ってきたのに、やっぱりたれ胸はカッコ悪いから、我慢していました(たれ胸コンプレックスでもありました)。

 でも、自分の感覚を大事にし始めたら、もう我慢できなくなったのです。

 さらに、カレン・キングストンの『ガラクタ捨てれば自分が見える』に、
「ブラのワイヤーは電磁波を寄せ付ける、コンピュータ使う人は気をつけて」

 松田麻美子さんの『女性のためのナチュラル・ハイジーン』にも
「ワイヤー入りのブラは、乳がんのリスクが上がる」と

 さえ書かれているのを読み、
 もう無理に寄せてあげる人生は終わりにしようと思いました。




 ワイヤー入りのブラは、本当に苦しいです。私はついている位置が低いから、ますます苦しいです(だから前かがみになる)。

 運動用でも悩みはつきませんでした。ユニクロのハイテックのL持ってるんですが、きつい。これで運動するの、苦しい。バスト92センチまでとなっているから、87センチの私には余裕のあるサイズのあるはずなのですが、きつめにできすぎです。
 スキーに行くためにこれをして新幹線に乗ったら気持ちが悪くなってしまいました。


 大きな胸の人が運動によって胸を揺らしてしまうと、乳腺が伸びて垂れてしまい、二度と戻らなくなるのだそうです。
 私は小学生の時から胸が大きかったのに、ブラジャーをするのが恥ずかしくて遅くなり、中学生のときにはもう揺れすぎて垂れていました。青春時代もはちきれるような若い胸を享受することができなかったことを思うと、今でも涙が出ます。

 
 大人になって同窓会に行ったとき、意地悪な子(「大草原の小さな家」のネリー・オルソンみたいな子だったなあ)から、、「あの頃、『石塚さんは、小学生なのにもう垂れていて、かわいそうね」と噂しあっていたのよ」と、きっつい一言を言われたこともありましたっけ。


 でももういいではありませんか。もう誰でも垂れる年になったのです。40を過ぎてこんなにめぐまれた体が突然天から降ってきたのだから、ちょっとぐらい垂れていることでくよくよするのはやめましょう。
 健康で、ナチュラルで、乳がんのリスクだって減らすことを考えましょう。

 
 健康でナチュラルなのに、こんなかわいいのを作れたなんて、ありがたいことではありませんか。これなら、「かわいくないけど健康にいいから」ではなく、「こっちのほうがかわいいから」というポジティブな理由でこちらを選ぶことができます。


 そうだ、ISLは昔も今も「洋裁サイト」ではなく「洋裁を通して【自分を大切にする】とは何かを考えるサイトだったんだっけ。

 
tankini5

 着用写真はちっちゃく加工して(笑)のせてみました。
 ボトムにはいているのは、カナダのヘンプのお店、 rawganique のヨガパンです。あまりにゆるかったので、幅半身1センチ(計4センチ)と丈5センチ詰めました。


posted by 石とも at 18:24| Comment(0) | その他作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月11日

ビキニとタンキニ1

ビキニtankini.jpg

 McCall's M4471 のパターンを使ってビキニとタンキニを作ってみました。

HTMLファイルはこちら。
http://www.dress-94.com/isl/works/works.html

 これは2年前の夏、初めて海外パターンを買ってからずーっと作ってみたかったもの。ロサンゼルスでもビキニ買ったんだけど、なかなかぴったりくるのがなくて。

 サイズは10号で全部作ってみて、タンクトップ以外は10号でぴったりでした。タンクだけは8号でよかったみたいです(全体的にがばがば)

 試作品のファイルが出てきました! このときは縫い代の指定を間違えているのと、今と体のサイズが違ってるのですが、デザインの参考にはなると思います。

http://www.dress-94.com/isl/works/neo/neo13swimingtop.html

f56f249a.jpg

 ミシンは全部ベルニナで、ロックは使っていません。直線で縫う指定のあるところも、全部ジグザグで縫っています。もうこのまま死蔵品として朽ち果てていくのか? と思われたベルニナですが、「私を忘れてもらっちゃ困るわよ」とばかりに大活躍してくれました。

 水着は難しそうに見えますが、家庭用ミシンでもっとも縫いやすいのは水着ではないかと思います。家庭用ジグザグで全部縫えるからです。


 あと2枚作りたいので、少しずつ上達します。
posted by 石とも at 10:31| Comment(0) | その他作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月02日

marfy093 スリット入りスカート

チェックスカート1チェックスカート2チェックスカート3

 marfy 093 の型紙(本当はミニ・スカートだった)を応用して、バック・スリット入りスカートを作りました。
 HTMLファイルはこちらからどうぞ。
http://www.dress-94.com/isl/works/works.html

 093の型紙は、marfy の2007年秋冬のカタログについていた無料パターンです。marfy のカタログは春夏2冊、秋冬1冊の計3冊持ってますが、2007秋冬の無料パターンがダントツであたりでした。普通のタイト・スカートもすでにトレースしてあります。

 裁断と、ベルト押さえ作りはアメリカに行く前にしてありましたので、今日は裏地の裁断と縫製のみ。
 私は、裁断は裁断だけまとめてやるのが好きです。これと同じパターンでもう1枚裁断してあります。こちらはウィンター・コットンの無地で、裏無しです。早く作らねば〜

 パッチ・ポケット(前についてるんですよ! 柄あわせが上手すぎてわからない(笑))は、裏つきです。「工夫されたスカートの縫い方」を見て、初めてやりましたがきれいにできました。

 失敗もなくどんどん縫い進めましたが、痛恨だったのが裏裾の処理。スカートなんだからふらしでいいや〜と思ったんですが、スリットに縫い付けただけでは、中がひらひら動いて裏地が見えてしまうので、ミシンステッチをほどいてまつりでとめました。この作業がなければ、今日の作業5時間でできたんだけどな〜。6時間以上かかってしまた。

 上のTシャツとの組み合わせで見ると、やっぱりミニのバランスのほうがよかった気もしますね。布があまりに美しくて切れなかったのと、ミニにしちゃうと結局着ないと思ったので丈を伸ばしてその分バック・スリットにしました。
posted by 石とも at 21:53| Comment(0) | Marfy作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月06日

ウール&カシミア スカーフ2枚

scarf2.JPGscarf3.JPGscarf1.JPG 

 セドナに持っていくために作った服、っていうか服じゃないんですけど、スカーフ2枚作りました。
 2枚ともウール&カシミアの紳士服のはぎれ。
 防寒としては、あれこれ手間ひまかけて何パーツもの服をつなぎあわせるより、この、スカーフ類、すごくいいかもしれないです。簡単で、本当に暖かいですから。
 とくに、大判のものは、肩にかけるだけでなく、外に出るときは腰にも巻こうと思っています。持って行くのはショートコートなので、でも、ロングよりその方が身軽でいい気がします。
posted by 石とも at 11:29| Comment(0) | その他作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月04日

ウール ストレート(スリム?)パンツ

ウールパンツ2パンツ裏地ウールパンツ1
Marfy 1058 のパンツを作りました。
HTMLはこちらからご覧ください。

http://www.dress-94.com/isl/works/works.html

「パターンは少なく、何枚も作ってみよう」シリーズ、第4弾です。パンツは本当に修正が難しいので、やろうやろうと思って一日伸ばしになっていましたが、この機会に作りました。今週末からアメリカ(またセドナ)に行きますので、必要だったのです。(セドナは最高気温13度、最低気温、マイナス1度)


 このパンツは本当にすごいです。いったいどこにゆるみがあるのか? と思うほどきつきつなのですが、脚をいれると「すぽっ」と身体が入ってしまいます。とても布帛とは思えない。ストレッチの場合も、きつめに作らないほうがいいでしょう。

 今回の収穫は、まえたてファスナーとチェックが怖くなくなったことです…って、10年もやって、今頃怖くなくなってどうするよ。
 あと、裏地をちょっとハデにする精神的余裕があった。チェックの中の一色からとりました。

 あ、そうだ(ずるずる思い出す)。今回裏地を初めてアドヴァンスネットさんで買いました。ダブル幅なのでお買い得で、さわり心地もよかったし、わりとしゃっきりしていて、裁断ずれが少なかった。
 マルナンの裏地も安いということを確認。「オールシーズン」というのは、ブランドタグなしのお買い得品だそうです。
 
posted by 石とも at 23:56| Comment(0) | Marfy作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月02日

marfy9921 ブラックパーティドレス

ブラックドレス1ブラックドレス2 ブラックドレス3

 works 更新しました。HTML ファイルはこちらからどうぞ。
http://www.dress-94.com/isl/works/works.html

 今回作ったのはmarfy9921 。夏のオフ白インド紬シルクドレスに続いて、2枚目です。このパターンは「パターンは少なく」の持ちパターンの中に残したものです。

 というか、私はこのパターンが好きで好きで。着る機会がなくても、クローゼットを開けるたびににやにやしてしまうぐらい、家で試着して鏡に映してにやにやできるぐらい好きです。
 デザインが美しいのはもちろん、私の体型によく合う、売っている服では見かけないので作りがいがある、失敗が少なく作りやすい、もしもこんなの買ったら高い、など、実際的にもいい面がたくさんあるからだと思います。

 これで、冬と夏はできたので、今度は春や秋を作ってみたいですね。見本にあるように、刺繍入りのカラフルな布かなんかで作ってみたいです。
posted by 石とも at 20:08| Comment(0) | Marfy作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月27日

布の管理法

 今日、ミクシの「あげます」系のコミュに、布を12枚ほど出しました。

 これで、私の手元の手つかずの布は5枚ぐらいになりました。すごいでしょ?

 
 布がなぜたまるか。それは、布というのはエネルギーがたまりやすいものだからだと思います。


 万葉時代から、つい最近(昭和演歌(笑))の頃まで、「袖を振りあう」「袖を交わす」といったら、男と女が関係を結ぶことでした。布には、エモーションがからみつくのです。過去の記憶も引き起こします。だからためる、捨てられなくなる。

 
 いつも「布で税金払えたらいいのに!」と冗談で(真剣に?)思うのですが、そもそも布で税金払えたというのも、単に貴重品だったからではなく、貨幣を上回るエネルギーを持っていたからではないでしょうか。

 さて、布を減らした私のコツといえば…?

・今回放出するとき、かなり大胆にやった。多少の痛みも「勉強」と思って身体にしみこませた。
 ダウジング(潜在意識を引き出す「ふりこ」のこと)を使って、「この布、いる? いらない?」とやった。それにもとづいて、好きだった布、高価だった布、希少価値のある布も放出した。
 この痛みを覚えたので、学習効果があり、「布、怖い」と思うようになった。
 「こんなにエネルギーがたまるものなんだ〜」と思ったら、マジ怖い(笑)

・布だからって特別扱いしない。
 既成品の服だったら、色違いでいいなと思うことがあっても、2枚買ったりはしないもの(するときもあるけど)。ところが布だとやってしまう(汗)。このくせを修正。作ってもクローゼットに入らない分は、たとえ好きでも作らない。

・1枚あたりにかかる「作成時間」をざっくり計算して、1シーズンで作れる服の数を計算。それを上回る布は、当然作れないということ。これをもとに、放出する布を算出。


・そしてここが大事なことなんだけど、アリゾナから帰ってきて以来、2〜3週間に1度、まめに日暮里に出かけています。1時間でも、運動だと思ってふらふらしています。
 どうしてかというと、おっくうがってたまにしか行かないと、「今度いつ来るかわからない」「あの布次にあるかわからない」というケチ根性からつい買ってしまうからです。
 そして、「ぱっ」とイメージがわいても、イメージだけで完結して、買わない、という選択をしています。
 
 だって、服だって、「着たい!」と思っても買わない服だってたくさんあるのに、布で買ってたら、そりゃー死蔵しますよね。
posted by 石とも at 00:02| Comment(0) | ソーイング日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月23日

踏んだりけったり8枚はぎスカート

 works 更新しました。HTMLファイルはこちらからどうぞ。 marfy9902です。
 http://www.dress-94.com/isl/works/works.html


プリーツ1プリーツルビープリーツシャツ

 なんか今回は(今回も?)苦労しまして…。
 まず、用尺をけちって裏パターンで作ったら、ものすごい地味だったこと。それで、一度ほどいてもう一度裁ちなおして、裏と表をくっつけようとしたら、裏と表のウエスト寸法が全然合わないこと。ここで初めてパターンを見直して、サイズ修正するときにプリーツの分量が違っていたこと。それゆえ、スカートが輪になってからプリーツ8本ほどいて(スティッチも入ってるのに〜)やりなおし。
 さらに、脇縫い目ポケットはとてもきれいにできたのに、はいてみたら体型の都合か「ぱかっ」と開いちゃうので、ステッチに合わせて上から叩いて封印。せっかく表地と裏地を途中ではぎ合わせたポケットだったのに〜〜。

 とかなんとか、スカート2枚分以上の時間がかかってしまったのですが、「残しておきたいパターン(marfy9902)」としてはとてもいい気がします。プリーツスカートって、こんなにかわいいと思わなかった。なんか、ジャンパースカートかプリーツスカートとか、学校出てから「2度と着たくない」って感じでしばらく遠ざかりませんか、トラウマっていうか(笑)。今のところジャンスカは切る気にならないけど、そういう日が来るのかしら。
posted by 石とも at 14:31| Comment(0) | Marfy作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月18日

ルビーレッド・セットアップ

ルビーレッドドレスルビーコーディネート例ルビーレッドトップ

 works更新しました。HTMLファイルはこちら。
 http://www.dress-94.com/isl/works/neo37-50/neo43rubysetup.html

 「お気に入りパターンを見つけて何枚も作ってみよう」シリーズ、トップで候補にしたのがこれ。marfyの昨年の春夏のカタログにおまけでついてたやつで、marfyにしては露出も高くないし(笑)、ウールでもコットンでも(カタログではジャージーもおすすめ、と出てた)ジャケットの中に着たりするのにいいなと思って1枚作ってみました。

 布はidemでもらったアニオナのはぎれです。これで本当はフレアのワンピースを作りたかったのだが、もらったのは0.9×2枚…(もらったのに文句をいうな) フレアスカートにするか、セットアップにするかの選択で、セットアップにしました。

 スカートは9902の裏パターンを使いました。一丈しかとれないと、デザインに限界ありますね…。ちょっと地味でしたが、色がとてもきれいなので、ま、いいか、って感じです。

 スリーシーズン、ドレスアップのときに着られそうです。
posted by 石とも at 16:30| Comment(0) | Marfy作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。