2008年05月02日

洋裁回り工夫3点

縫いながら整理しながら捨てながら、縫いながら整理しながら捨てながら、で、GWが過ぎていきます。

 頼んでおいた収納道具がいくつか届きました。

エセルテ
エセルテのハンギングフォルダボックス。これに入れてみたら、自分がいかに抱えきれないほどのパターンを持っているかわかり、ぞっとしました。mixiの昨日の日記にも書きましたが、稼働の悪い下位10パーセントと、あと2年間は縫わないと思われるものは処分しました。
 今回縫ったら使命は果たしたと思われるものも処分の対象です。だから、一生懸命縫っています。
 
 一昨日のmacallのセールで新しいのも買っちゃったしね(爆)、新しい場所を作らないと。

パターン
MAWA のハンガーを買いたしました。スタンダード10本、クリップ式のボトム2本、パンツ専用(しわが伸びるというもの)2本です。
 これで、うちのクローゼットは完全にハンガーがMAWA だけになりました。クローゼットを眺めてにやにやしてしまうぐらいかっこいいのですが、その写真はまたにします。
 パンツ専用ハンガーの1本を、作成中のパターンのしまいどころにしました。写真のようにはさんで…、いいところがないので、エアコンにひっかけています(よい子は真似しないようにしましょう)。縫いながら、パターンを見返すことは多いので、このようにすぐ見られるようにしておくと便利です。

ライト
ミシンにくっつけていた無印良品のライトは白熱灯だったので熱くて熱くて、枠ごと捨てそうになっていました。先日IKEAに行ったところ、この枠に入る小さな蛍光灯を売っていることがわかり、大喜びで付け替えました。
 この枠は左右向きが変えられるので、便利。
posted by 石とも at 16:56| Comment(0) | 道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月09日

糸の整理と収納大クリアリング

 1ヶ月以上前の話になってしまうのですが、糸と道具を整理して、使いやすくしました。

 糸ケース
 糸を、以前は、下で「処分したもの」として紹介する引き出し式のワゴンに収納ケースに入れていたのですが、これだと、一段の引き出しにたくさんの糸が入らず、デッドスペースがたくさんできてしまっていました。
 それで、同じ無印良品でも、引き出しではなく上からふたがしまる箱に入れたら、なんと2つでおさまりました。
 そして…。今回思い切ってやったことは、レジロン糸を全部処分したことです。 つまり、上のお皿に入っている駒糸は全部処分してなくなったんです!
 ロサンゼルスで水着の修理をしてくれた水着屋のおじさんが全部スパン糸で縫っていたのを確認したので、糸もスパンだけにして、ニットを縫う場合は、ベルニナで1ミリの振り幅で縫うことにしました。

道具ワゴン
 この写真では3段ですが、道具ワゴンは1段買い足したら、道具類はここに収まりました。


sRIMG0099.JPG
 今回思い切ってやったことその2.壁にピンで留まる簡単な棚を打ちつけ、ロック糸(および、縫い糸も暫定的に)ここに収納しました。
 右側の天井つきのやつは、引っ越したときにつけたんですが、一つでは足りなくなってしまったので、今回、左側の天上のないのをもう一つつけました。
 天上のないほうが使いやすいのですが、埃が気になるのと、右側は、天井の上に、定規類を置いています(不安定ですが…)

 ちなみに、私は今駒糸をほとんど持っていません。工業用スパンは、以前オークションで60本ぐらいまとめて落札したんですけど、ソーイング仲間にたっぷり分けても、まだ安かったと思う。なるべくそれを使って、ない場合は大きいかせで買ってます。ロック糸も、キング90番を糸屋さんボビンで小分けサービスを頼んでいます。

処分したワゴン
 これはすべて洋裁道具が入っていたわけではないのですが…。あれこれ一気に片付けたら、なんとこれだけの引き出しがお役目ごめんとなりました。「あげますコミュ」で一気に引き取ってもらいました。
posted by 石とも at 19:53| Comment(0) | 道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月18日

ラバー・シンブル

 これ、とっても使い勝手がよい!
070918_1330~001.jpg

 河口の新製品(? いつ出たのか?)ラバーシンブル、直訳して「ゴムの指ぬき」なんですけど、刺繍やまつり縫いのときに中指の先にはめてつかいます。
 中指の先にためるタイプの指貫は革、金属、ヨーロッパみやげの陶器まで持っているのですが、はめてしまうとどうも小回りが利かない、かといって、刺繍のように刺す回数多いと、中指の先が痛い・・・というのが解消。

 なぜハートマーク? だって、河口ですから!
 (ハートマークの拡大図はここ見てね)

 今、ネットで見たらどこも1割引の378円だなあ。私は東急ハンズで見つけたので、420円払ってしまった。。。ま、いいんだけどね。
posted by 石とも at 13:55| Comment(0) | 道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月04日

大道具たち

 先日のベルニナの紹介に続き、我が家の大道具たちを紹介。
 洋裁を初めて10年になります(びっくり!) その間、かなり道具が入れ替わりまして、こういう、ありがたくも最上質のラインナップになりました。


ジューキ工業用
 JUKI工業用直線ミシン、DDL-5570。1年ほど前に、オークションで落札。縫製工場の聖地? 岡山県倉敷市からやってきた。
 家に来たときあまり状態がよくなかったが、出張費こみ1万円で整備に来てもらったら、すごくよくなった。

ベルニナ&テーブル
 あらためて紹介。ベルニナ、アーティスタ、185.
 2005年の夏に購入。
 ジグザグとボタンホールしか使ってない自分には、どう考えてもオーバースペック? という気持ちが今でもある。でも、1年たつごとに「やっぱり買ってよかったな」という気持ちがまさってくる。「高かろう、良かろう」な買い物って、そういうものですね。
 ステッチがきれい。音が静か。


文化テーブル
 みんなの憧れ? 文化裁断テーブル。中古品のいただきもの。欲しいなあ、欲しいなあ、と思ってたら、突然来た(笑)ありがとう!
 最大180センチまで伸びるのがとても便利。
 あちこちダボがはずれてきているので、L字型金具で補強してあります。

ナオモトQing
 ベルニナ・テーブルがやってきて我が家の窓際族となった(笑)ナオモトQ-ing.。
 1年前、西麻布に引っ越してきたときに買った。
 でも、これの良さ、まだわかり始めたばかりなのです。というのも、業務用アイロンの使い方がわかってなくて、蒸気をいつも水滴にしてぼたぼた垂らしちゃってた…。この1年間、学校で使ってたアダム商会のポータブルのやつの方がいいなー、とか思ってました。
 この机配置にしたときに、買った店に電話して、やっと使い方を覚えた。そして、あーアイロン場所が確保されているのはいいなーと思い始めてます…。
 
 最近ミシンをよく動かしているけど、糸かけ、糸調子といったトラブルが全然ない。(ほんのちょっとまえまで良くあった)。使い手の精神状態と道具は本当に一致してますね。
 
posted by 石とも at 08:22| Comment(2) | 道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月02日

ベルニナ・テーブル

 ベルニナ専用テーブル(※)を買いました。
 忙しいときほど洋裁の大道具を買う傾向があります(自滅?)。そういうときほど、「出し入れ」が面倒くさくなって、こうなってしまうのですよ。結果的には「良かった」と思うことが多いんですけどね。
 
ベルニナ&テーブル そしてさっそく「あー買ってよかった」と思っています。ジグザグが使いたいときすぐ使えるというのは、家庭生活の中では本当に便利なのです。服作りのときはボタンホールも。
 ベルニナ君は、今は順調で、かなりスピードアップしても縫い目がきれい(最初はそうだったんだ…。やっぱり前の家の「湿気」と「さび」がいけなかったんだ…)。これ1台で直線いらない? とかまた考えてしまうぐらい。
 とりあえず、これはどこに引っ越すにしても(海外含む)持って行くと決断しているので、箱がとってあります。
 テーブルは、組み立て式ではなく、会議室のテーブルのように「ぺたっ」と平らになるので、かえって引越しのときに便利そうです。


ネル湿布
 最初にぱぱっと作ったもの。これ、「ひまし油パック」用のネルなんです。
 東京に帰ってきてから、ジョギング中に脚が痛くなってしまい、「骨膜炎」との診断。骨膜炎って、休んでるしか方法がなくて。エドガー・ケイシーのクシロ薬局に相談して、ひまし油パックをやっています。今日はホカロンも包帯で巻き込んでます。気持ちいいです。

 ところで、左後方に置いてるのはロックミシン。私、「カバーをかぶせる」という作業がとっても苦手なので、かわいい風呂敷をかぶせてみました。こっちのほうが全然ラク。
 それから、右後方に置いてるのは家宝(?)の霧吹きです。パターン学校に入学したときに買いました。

(※)このテーブルは、日本ではベルニナ・ジャパンが扱っていますが、もともとはアメリカのRobert's社というところのです。ミシンの高さが微調節できるので、どこ家庭用ミシンでも使えます。
 また、他の製品もとても使いやすそうです。とくに#99のカッティングテーブルが使いやすそう。鏡つきなんて、気が利いてる! 私が買った#299は代理店通して39000円だから、あちらで買ったらずいぶん安いんだろうなあ。

posted by 石とも at 10:13| Comment(2) | 道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月31日

無印の道具箱ワゴン

wagon.jpg先日、gingham star のwee さんの猫背日記で、衝撃的なものを見ました。それは、無印のストッカーを重ねて道具箱を作る…ところまでは誰でも思いつくと思うのですが、一番上のふたを「ぱっかり」はずしてワゴンにしている! これは使いやすそう! 自分がもっているやつは、ふたがはずれないタイプのものだったので(そう気がつくまでの私の奮闘振りは、彼女のブログのこちらのコメントらんを見てください)、weeさんとおそろいのを買いに行ってしまいました。

 weeさんは4段ですが、私は3段。置き場所の点から考えて、この高さで気に入っています。ミシンの上に乗っかっていたものが全部ここに納まって、すっきりしました。(ミシンの紹介も、そのうちします)
 今まで使っていた棚は放出か? と思ったんですが、結局こんな感じ。まだちゃんと整理していないのですが、この幅じゃないと入らないものも結構あるんですよねー。
 それしても、洋裁道具って、ほんと、場所とりますねー。自分の洋服置き場よりよっぽど場所をとっていることに気がついて、ちょっと愕然…。
posted by 石とも at 01:02| Comment(2) | 道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。