2008年04月13日

タンキニ2

 タンキニ第2弾です。ただし今回はトップだけ。
 このパターンはボトムが3つ、トップもあるので、残った布をどう使ってどれを作ろうか考え中です。

HTMLはこちら。
http://www.dress-94.com/isl/works/works.html

ftankini6ftankini3



 このトップを作ることは長年の悲願だったのです。微妙なフィッティング(ゴムの長さが5ミリでだいぶ違う)しているので、着心地もとてもいいです。
 パターンではバスト部分に裏地がべったりくっついちゃうんですが、途中でカットしてパッドが入れられるようにしました。

 何にでも使えます。水着にもできるし、インナーとして着られるし、夏のトップにもなるし、走れるし、ヨガもできる。そして、、、、、く・る・し・く・な・い!
 
 なんでここまでブラトップにこだわるかというと、「きついブラ」「苦しいブラ」「肩がこるブラ」「よせてあげるブラ」、やっぱりおかしいと思うのです。
 昔から「苦しい、苦しい」と思ってきたのに、やっぱりたれ胸はカッコ悪いから、我慢していました(たれ胸コンプレックスでもありました)。

 でも、自分の感覚を大事にし始めたら、もう我慢できなくなったのです。

 さらに、カレン・キングストンの『ガラクタ捨てれば自分が見える』に、
「ブラのワイヤーは電磁波を寄せ付ける、コンピュータ使う人は気をつけて」

 松田麻美子さんの『女性のためのナチュラル・ハイジーン』にも
「ワイヤー入りのブラは、乳がんのリスクが上がる」と

 さえ書かれているのを読み、
 もう無理に寄せてあげる人生は終わりにしようと思いました。




 ワイヤー入りのブラは、本当に苦しいです。私はついている位置が低いから、ますます苦しいです(だから前かがみになる)。

 運動用でも悩みはつきませんでした。ユニクロのハイテックのL持ってるんですが、きつい。これで運動するの、苦しい。バスト92センチまでとなっているから、87センチの私には余裕のあるサイズのあるはずなのですが、きつめにできすぎです。
 スキーに行くためにこれをして新幹線に乗ったら気持ちが悪くなってしまいました。


 大きな胸の人が運動によって胸を揺らしてしまうと、乳腺が伸びて垂れてしまい、二度と戻らなくなるのだそうです。
 私は小学生の時から胸が大きかったのに、ブラジャーをするのが恥ずかしくて遅くなり、中学生のときにはもう揺れすぎて垂れていました。青春時代もはちきれるような若い胸を享受することができなかったことを思うと、今でも涙が出ます。

 
 大人になって同窓会に行ったとき、意地悪な子(「大草原の小さな家」のネリー・オルソンみたいな子だったなあ)から、、「あの頃、『石塚さんは、小学生なのにもう垂れていて、かわいそうね」と噂しあっていたのよ」と、きっつい一言を言われたこともありましたっけ。


 でももういいではありませんか。もう誰でも垂れる年になったのです。40を過ぎてこんなにめぐまれた体が突然天から降ってきたのだから、ちょっとぐらい垂れていることでくよくよするのはやめましょう。
 健康で、ナチュラルで、乳がんのリスクだって減らすことを考えましょう。

 
 健康でナチュラルなのに、こんなかわいいのを作れたなんて、ありがたいことではありませんか。これなら、「かわいくないけど健康にいいから」ではなく、「こっちのほうがかわいいから」というポジティブな理由でこちらを選ぶことができます。


 そうだ、ISLは昔も今も「洋裁サイト」ではなく「洋裁を通して【自分を大切にする】とは何かを考えるサイトだったんだっけ。

 
tankini5

 着用写真はちっちゃく加工して(笑)のせてみました。
 ボトムにはいているのは、カナダのヘンプのお店、 rawganique のヨガパンです。あまりにゆるかったので、幅半身1センチ(計4センチ)と丈5センチ詰めました。


posted by 石とも at 18:24| Comment(0) | その他作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。