2007年11月09日

糸の整理と収納大クリアリング

 1ヶ月以上前の話になってしまうのですが、糸と道具を整理して、使いやすくしました。

 糸ケース
 糸を、以前は、下で「処分したもの」として紹介する引き出し式のワゴンに収納ケースに入れていたのですが、これだと、一段の引き出しにたくさんの糸が入らず、デッドスペースがたくさんできてしまっていました。
 それで、同じ無印良品でも、引き出しではなく上からふたがしまる箱に入れたら、なんと2つでおさまりました。
 そして…。今回思い切ってやったことは、レジロン糸を全部処分したことです。 つまり、上のお皿に入っている駒糸は全部処分してなくなったんです!
 ロサンゼルスで水着の修理をしてくれた水着屋のおじさんが全部スパン糸で縫っていたのを確認したので、糸もスパンだけにして、ニットを縫う場合は、ベルニナで1ミリの振り幅で縫うことにしました。

道具ワゴン
 この写真では3段ですが、道具ワゴンは1段買い足したら、道具類はここに収まりました。


sRIMG0099.JPG
 今回思い切ってやったことその2.壁にピンで留まる簡単な棚を打ちつけ、ロック糸(および、縫い糸も暫定的に)ここに収納しました。
 右側の天井つきのやつは、引っ越したときにつけたんですが、一つでは足りなくなってしまったので、今回、左側の天上のないのをもう一つつけました。
 天上のないほうが使いやすいのですが、埃が気になるのと、右側は、天井の上に、定規類を置いています(不安定ですが…)

 ちなみに、私は今駒糸をほとんど持っていません。工業用スパンは、以前オークションで60本ぐらいまとめて落札したんですけど、ソーイング仲間にたっぷり分けても、まだ安かったと思う。なるべくそれを使って、ない場合は大きいかせで買ってます。ロック糸も、キング90番を糸屋さんボビンで小分けサービスを頼んでいます。

処分したワゴン
 これはすべて洋裁道具が入っていたわけではないのですが…。あれこれ一気に片付けたら、なんとこれだけの引き出しがお役目ごめんとなりました。「あげますコミュ」で一気に引き取ってもらいました。
posted by 石とも at 19:53| Comment(0) | 道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。