2007年09月02日

ベルニナ・テーブル

 ベルニナ専用テーブル(※)を買いました。
 忙しいときほど洋裁の大道具を買う傾向があります(自滅?)。そういうときほど、「出し入れ」が面倒くさくなって、こうなってしまうのですよ。結果的には「良かった」と思うことが多いんですけどね。
 
ベルニナ&テーブル そしてさっそく「あー買ってよかった」と思っています。ジグザグが使いたいときすぐ使えるというのは、家庭生活の中では本当に便利なのです。服作りのときはボタンホールも。
 ベルニナ君は、今は順調で、かなりスピードアップしても縫い目がきれい(最初はそうだったんだ…。やっぱり前の家の「湿気」と「さび」がいけなかったんだ…)。これ1台で直線いらない? とかまた考えてしまうぐらい。
 とりあえず、これはどこに引っ越すにしても(海外含む)持って行くと決断しているので、箱がとってあります。
 テーブルは、組み立て式ではなく、会議室のテーブルのように「ぺたっ」と平らになるので、かえって引越しのときに便利そうです。


ネル湿布
 最初にぱぱっと作ったもの。これ、「ひまし油パック」用のネルなんです。
 東京に帰ってきてから、ジョギング中に脚が痛くなってしまい、「骨膜炎」との診断。骨膜炎って、休んでるしか方法がなくて。エドガー・ケイシーのクシロ薬局に相談して、ひまし油パックをやっています。今日はホカロンも包帯で巻き込んでます。気持ちいいです。

 ところで、左後方に置いてるのはロックミシン。私、「カバーをかぶせる」という作業がとっても苦手なので、かわいい風呂敷をかぶせてみました。こっちのほうが全然ラク。
 それから、右後方に置いてるのは家宝(?)の霧吹きです。パターン学校に入学したときに買いました。

(※)このテーブルは、日本ではベルニナ・ジャパンが扱っていますが、もともとはアメリカのRobert's社というところのです。ミシンの高さが微調節できるので、どこ家庭用ミシンでも使えます。
 また、他の製品もとても使いやすそうです。とくに#99のカッティングテーブルが使いやすそう。鏡つきなんて、気が利いてる! 私が買った#299は代理店通して39000円だから、あちらで買ったらずいぶん安いんだろうなあ。

posted by 石とも at 10:13| Comment(2) | 道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして!
ベルニナを使っておられるんですね。
私もベルニナを買うかどうか悩んでいるので教えていただきたいのですが・・。
私は趣味で子供服を作っています。今は家庭用ミシンと4本ロックを持っていますが家庭用ミシンの調子が悪いので新しくミシンを買おうと思って探していた時にベルニナを知りました。買うならアクティバになると思います。でも私はパッチワークには今のところ興味ないしベルニナを買う意味がないのではないか?と思って悩んでいます。ネットで調べていたところ押さえが大きいので細かい作業がしずらいと書いている方もいました。趣味で子供服を作る程度ならもっと安いミシンでもいいのかな?と思い悩んでいます。何でも結構です。ご意見やベルニナの長所・短所など教えていただけませんでしょうか?
Posted by まみ at 2007年09月18日 06:33
>まみさん、初めまして。

ロックはあるということなので、ベルニナ1台で「パワフルな直線」「きれいなスティッチ、ボタンホール、ジグザグ」を兼ねられるか、ですよね。
ベルニナは、「アクティバ」と「アーティスタ」のあいだにどれぐらいパワーの違いがあるか、誰も使い比べた人を知らないので、そこがXなのです。本当に使い比べた人がいたら私も聞いてみたいです!
もしもアクティバがあまりパワーがないなら、テーブルせまい、他機種と互換性がないなどデメリットが出てきますから、こだわらないほうがいいかもしれません。

ご興味があれば、私に聞いたといって、ふるやまさんに聞いてみてください。中古で洋裁に向いたミシンを手に入れていますし、新品のベルニナも扱っています。
http://s-furuyama.com/

Posted by 石とも@管理人 at 2007年09月18日 08:43

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。